Skip to content

Box2Dの物体をGUIで定義できるツール「Physics Editor」

12月 7, 2013

cocos2dなどから利用できるBox2Dという物理エンジンで物体をグラフィカルに定義できる「Physics Editor」というツールがある。
これを使えば、物理エンジンに使う物体を簡単に定義できるようになり、非常に便利である。
公式サイトはこちらから

そして、このツールの全ての機能を使うにはライセンスを購入する必要があるが、ブログをやっている方には無償でライセンスを配布してもらえる。
以下の条件があるが、当てはまる場合は申請することができる。

  1. ブログを持っている
  2. 半年以内に5つ以上の記事を投稿していて、1ページ以上の長さがある。
  3. ブログのテーマが「ゲーム/ソフトウェア/WEBプログラミング/アプリケーション」についてである。

無償ライセンスの申請はこちらから

広告

From → Cocos2d-x

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。